電気工事士の仕事はずーっとなくならない。

電気工事士が不況に強い理由は
単純明快。

電気は生活に必要不可欠なもの
だから。

電気工事業界は、
常に追い風。
スマートフォン、パソコン、インターネット、洗濯機、テレビ、エアコン、掃除機などから電光掲示板、競技場の大型スクリーン、街灯・・・。技術が進歩すればするほど、電気は必要不可欠なものとなります。これらの便利品がこれから使われなくなることは考えられないので、必然的に電気工事士の仕事もなくなることはないと言えます。
電気工事士は、
引く手数多。
不況に強く、将来性が明るい電気工事士ですが、大きな問題点があります。それは業界の高齢化。
新しい担い手が増えないため、「仕事はあるのに人員は不足」というケースも多く、就職に困ることはほぼありません。