STAFF'S VOICE

石の上にも
三年

工事部 工事課
多田羅 達也
2015年入社
多田羅 達也
座右の銘
急がば回れ
出身
広島市
趣味
音楽を聞くこと
特技
バドミントン
好きなもの
カラオケ
性格
マイペース。人見知り。

痛感した社会の厳しさ
小さな一歩でも進み続ける

痛感した社会の厳しさ 小さな一歩でも進み続ける
小さな頃に描いた憧れを仕事に
子供の頃から照明や機械に興味があり、高校大学と電気学科へ進みました。新卒採用で入社し、電気の施工管理の部署に配属され2年目を迎えます。入社1年目は、先輩に付いて現場に行き作業工程の流れを学びました。現在は、現場調査から見積り、材料選定や段取り、協力会社の手配、施工まで仕事内容は様々です。電気学科を修了したとはいえど、学習レベルの机上の知識では太刀打ちできず、「現場で学ぶ」ことの大切さを実感しながら勉強する毎日です。
現場のスピードに追いつく
経験が浅く不慣れなことや知識不足から、現場のスピードに追いつくことができず辛い時期もありました。社内業務においてもそれは同じです。先輩や上司にすぐにアドバイスを求めても良いのですが、逃げ腰になっていたこともありました。成長するためにまずは自分で考えてみようという思いも持っています。的確な答えをすぐに求めるべきなのか、時間をかけてでも自分自身で考えるべきなのか。そのバランスを取ることに難しさを感じていました。それでも、少しずつですが、自分の力で迅速に答えを出せる力が身に付いてきたのではないかと思います。

蓄えてきた知識と経験
これからはそれを応用したい

蓄えてきた知識と経験 これからはそれを応用したい
苦しいばかりではない。仕事で得られる喜び
以前は苦戦していた見積りも、今では少しずつ慣れ、上司から指摘されることなく検印をもらえることも増えてきました。小さなことかもしれませんが、初めて一発で検印をもらえた時は本当に嬉しかったです。現場では、ひとつの工事を終えると大きな達成感が得られ、それが次の仕事のモチベーションに繋がります。
また、会社が資格取得を積極的に推進してくれるので、前向きにスキルアップに取り組める環境です。私も入社一年目で第二種電気工事士の資格を取得し、現在は第一種の取得に向けて勉強中です。基礎知識をもっと蓄え、どんな場面でも応用が効かせられるようになりたいと思います。
何事もまずはチャレンジ
社会に出れば、学ぶことも辛いこともたくさん経験するかと思います。1つひとつの経験が力となり、次に活かされ、仕事が楽しめるようになると思うので、何事もまずはチャレンジしてみてください。
この会社は、どの先輩方も親身に相談に乗ってくれて、若い世代も多く話しやすい職場です。一緒に会社を盛り上げていきましょう。

Question.

多田羅 達也さんはどんな人?

多田羅 達也
門田 雅宏
多田羅 達也 ← 門田 雅宏
多々羅くんは私の直属の部下にあたります。少々おっちょこちょいですぐにテンパる癖もありますが、憎めない。マスコットのような…そう、ゆるキャラ的な存在ですね。これからも、探究心を持ってしっかり勉強に励み、頑張ってもらいたいと思います。成長を楽しみにしています。